読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職について考える

転職と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

一昔前だと職が続かない飽き性だったり根性が足りないとかあまりよろしくないイメージがあったりもしましたが、現状は自分のしたい仕事をするためやキャリアアップなど前向きな転職もあり転職市場も活性化しています。

 

転職なんて総じて自分には関係のないことだと思っていましたが、そんな私も昨年転職活動を行い転職について少し考えてみることにしました。

 

実際に転職を考える理由はどのようなものか考えてみました。

 

・語学や資格などスキルを活かした仕事がしたい

・キャリアアップ

・海外で働きたい

・今の仕事内容があっていない

・仕事ができない

・ノルマがきつい

・人間関係がつらい

・Uターン

・給料が安い

・休みが少ない

 

良くも悪くもこんな感じでしょうか?

 

順を追って転職活動をみていきましょう。

 

ステップ1

なぜ自分が転職をしたいのかよく考えることは非常に重要なことです。ただ漠然と転職したいではきっと長くは続きません。今の企業では本当に実現不可能なことなのか?転職先では実現できるのか?よく考えることが一番重要なことなのかも知れません。

 

ステップ2

ステップ1で考え抜いた先に転職を決意したら転職サイトへのエントリーと求人を調べていくことになると思います。

ここで重要になってくるのは「経験とスキル」これにつきると思います。

転職なのであくまでも新卒採用ではなく中途採用になります。

わかりやすく言えば「即戦力が欲しい」これが採用側の思惑です。

中には未経験OKなものもありますが、

慢性的に人が足りていない状態 → 慢性的に人が辞めている状態 

もありえると思います。

※事業拡大等の場合もあるため上記は一概には言えません。

結論から言うと企業側で求める経験やスキルを満たした求人の中でお気に入りを見つけたらどんどん応募をしていく作業になると思います。

転職アドバイザーの方のお話では100件応募をしても書類審査が通るのは1割程度だそうです。10件面接に進んで内定もらえるのは1社程度。話だけを聞くとなかなか骨が折れる生活だと思います。

 

STEP3

いよいよ内定がもらえたときにどうするか?

内定をもらえたということは散々内定先企業のことはよく調べていると思いますが再度立ち止まることも重要かもしれません。

経営状態は健全か?採用条件は納得のいくものか?奥さんや子供または両親は納得してくれているか?(特に勤務地が変わり引越しが必要な場合など)

また、就業中の方は現職の企業に退職をつげることも意外とパワーがいる作業になります。※引継ぎ期間がどれくらいかかるのかなども確認が必要

 

1・2・3の手順で簡単にステップをご紹介いたしましたが実際にはもっともっと大変なこともあると思います。

そんなことを書くと自分にはできないのではないかと思ってしまうこともあるかと思いますが、現在転職をご経験のかたは大勢いるのでなんだかんだでうまくみなさんやられているんだなぁーというのが所感です。

 

いかがでしたでしょうか?

転職活動の根本は自分が「働く」ということの中で柱として何を大切にするのかをしっかりと明確に持つことが成功のコツなのかも知れません。

次回は私の転職体験記をご紹介したいと思います。